社会保険資格喪失証明書




会社を退職した後で手続きが必要なものに、保険があります。健康保険で扶養家族として加入するか、自ら国民健康保険に加入する等、選択しますが、その時の手続きに必要な書類があります。これが、社会保険資格喪失証明書です。

この書類がないと、切替の手続きができませんので会社の担当者へ申請をおこなうようにします。

社会保険資格喪失証明書


社会保険資格喪失証明書は、退職後に国民健康保険、国民年金の手続きに必要な書類です。

この社会保険資格喪失証明書には、個人の属性(氏名、生年月日等)、会社での健康保険の加入、喪失の履歴、基礎年金番号等が記載されています。

健康保険に扶養者がいた場合には、その扶養者氏名及び加入、喪失履歴を社会保険資格喪失証明書に記載してもらうと、扶養者の国民健康保険の手続きもスムースに手続きできます。

この書類がなく、市役所へ国民健康保険、国民年金の手続きに行った場合、退職した会社へ照会等をしますので、手続きに時間がかかりますので事前に会社へ発行依頼しておきましょう。


【社会保険資格喪失証明書についてのアドバイス】

・社会保険資格喪失証明書は、市役所へ国民健康保険、国民年金の手続きを行う場合に必要な書類である。

・被扶養者の氏名及び加入履歴についても、社会保険資格喪失証明書に記載してあると、扶養者の国民年金の手続きもスムースにできる。


社会保険資格喪失証明書を請求したにも関わらず、理由なく会社側が発行しない場合には、市役所等へ相談しましょう。

勤務していた会社で健康保険組合がある場合には、会社の人事担当者が発行してくれます。

ただし、会社が加入している健康保険が政府管掌健康保険組合ですと、本人が起票した社会保険資格喪失証明書を人事担当者が年金事務所へ届出に行って、そこから健康保険組合の事務センターに送付されて処理されますので、発行までに時間がかかりますので注意が必要です。

政府管掌健康保険組合の事務センターから、申請書に記載したあなたの住所へ社会保険資格喪失証明書が届きますので住所は略さずに正確に記載するようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク